離婚の際にも

それでは、法律事務所への相談を考えることができるお金のトラブルとして、次に紹介するのは「慰謝料」に関係するトラブルに関してです。例えば離婚などを行う場合において慰謝料や、それに関係するお金などが発生する場合があります。こういった場合についても、個人間で取り決めるだけではなく、法律事務所を介して相談を行なうというこうとも十分可能となっています。この慰謝料の算出に関しては、男性であるか女性であるかということで金額が変動するものではありません。ここで重要になるのは、「責任割合」がどちらに大きいものであるのか、ということです。つまり離婚の原因となったのはどちらであり、どちらに対して責任が重いものであるのか、ということによってどちらがどちらに、そしてどれだけの金額を慰謝料として支払う必要があるのかが決定されることになります。

さらに離婚を行なうという場合、この慰謝料の決定とは別に、資産分配の問題が発生することになります。資産については、結婚後に入手した資産は仕事によるものであったとしても、共有資産として扱われる事になっているため、その後の貯金などについては基本的に半額ずつ権利を有していることになります。この他にも、不動産などを加味せねばなりません。