個人間の借金にも

法律事務所を利用することができるケースとして、最後に紹介するのは個人間における借金の解決を行いたいという場合についてです。金銭トラブルというのは犯罪につながってしまうケースも有る大きなトラブルであり、これについて公平な立場から解決することができる法律事務所というのは重要な意味を持っていると言えるでしょう。基本的に個人間の金銭の貸し借りである場合についても、金利を設定する場合については法律の範疇である必要があります。年利20%を超えるような金利設定を行なうことは個人間でも全くできない仕組みとなっているため、この点について判断しつつ債務がどのようになっているのか、ということについて考える必要があります

さらに法律事務所を利用することによって重要なポイントとなるのが、時効の存在です。実は個人間における金銭の貸し借りがあるという場合についても、時効の援用を行なうことができるようになっています。基本的に債務の時効は10年間というように設定されています。ただし、これは「請求がなくなって10年」で消滅するという仕組みとなっているため、債権者が債務者に対して返済の請求をし続けている限りに於いては時効が援用されることはありません。


離婚の際にも

それでは、法律事務所への相談を考えることができるお金のトラブルとして、次に紹介するのは「慰謝料」に関係するトラブルに関してです。例えば離婚などを行う場合において慰謝料や、それに関係するお金などが発生する場合があります。こういった場合についても、個人間で取り決めるだけではなく、法律事務所を介して相談を行なうというこうとも十分可能となっています。この慰謝料の算出に関しては、男性であるか女性であるかということで金額が変動するものではありません。ここで重要になるのは、「責任割合」がどちらに大きいものであるのか、ということです。つまり離婚の原因となったのはどちらであり、どちらに対して責任が重いものであるのか、ということによってどちらがどちらに、そしてどれだけの金額を慰謝料として支払う必要があるのかが決定されることになります。

さらに離婚を行なうという場合、この慰謝料の決定とは別に、資産分配の問題が発生することになります。資産については、結婚後に入手した資産は仕事によるものであったとしても、共有資産として扱われる事になっているため、その後の貯金などについては基本的に半額ずつ権利を有していることになります。この他にも、不動産などを加味せねばなりません。


ヤミ金被害対策に

それでは、実際に法律事務所において相談を行なうという場合について、どのような内容での相談を行なうことができるのでしょうか。最初に紹介するのは、金銭に関係するトラブルに関して法律事務所の力を借りるというものです。金銭トラブル、その中でも特に借金に関係するトラブルというのは多く存在しているものであり、専門として取り扱っている法律事務所というのも少なくありません。特に法律事務所に対する相談が効果的である場合が多い例として、闇金融を利用してしまったことによって被害を受けているという場合についてです

ここでいう闇金融というのは、貸金業法に定められている法定金利を超える、違法な金利においての貸付を行っている業者ということになります。この法律の改正、俗にいうところの闇金対策改正が行われた際に、法律的に正しくない、逸脱した金利の貸付に於いては、金利のみではなく、その元金についてまで返済の必要がない、というように法律に記載されるようになりました。つまり、闇金融被害に困っているという場合、法律事務所に相談ずくことによって、完全に債務を取り払う事ができる可能性が十分にあるということです。これらの部分についても、まずは一度相談してみると良いでしょう。


法律事務所での相談

法律というのは難しいもので、自分にはあまり関わりがないことである、というように考えている方も多いのではないでしょうか。あるいは、この法律というのは自分たちの生活を縛るものであり、あまり好ましいものではないと考えている方も多いことでしょう。然し、実際の法律というのはそのようなものではありません。法律というのは弱い者を扶けるために存在しているものであり、基本的には私達一般市民の味方である、というように考えるべきものです。つまり、場合によっては法律の力を借りることによって、トラブル等の解決を行なうことができる場合もある、ということです。それでは、そのようなことを行いたい、あるいはそれが可能でないかどうかを相談したい、という場合については、どのような方法を採ることができるのでしょうか。

まず考える事ができる方法の一つとして、法テラスへの相談というものがあります。この法テラスというのは、登録している弁護士に対しての相談を行なうことができるというものとなっており、比較的安い料金で利用することができるのが特徴となっています。そしてもう1つの方法となっているのが、法律事務所に相談するというものです。法律事務所は弁護士によって開かれているものであり、自分で担当してほしい弁護士を選ぶことができるという点において強みがあるといえるでしょう。

昨今では弁護士事務所で無料の相談を行っていることも少なくありません。ですので、利用する際は、無料相談を行っている弁護士事務所を探すようにしましょう。